NAOMI SHIRAI official site

自分の道 ma direction

半年ぶりのブログです。

約2年間、高等学校の音楽の先生として勤務させていただきましたが、やはり演奏家として、生きていきたく、学校現場から離れることにしました。短い期間でしたが、事務の方々、先生方、多くの生徒たちから、いい思い出をたくさんいただき、大変お世話になり,ありがとうございました。
それから、いろいろなものに応募したり、オーディションを受けたりしましたが、うまくいきませんでした。倍率が100倍近くの現実を見て、歳も歳だけに難しい、厳しいなと感じる今日この頃です。2年間まともに練習時間も取れなく、コンサートでも自分の納得のいく演奏もできていなかったので、今から再出発しようと思います。


2016年初日の出
IMG_4191.jpg

リサイタル7「輝」の際に演奏したエレクトロニクス作品「二重の影の対話」の作曲家ピエール・ブーレーズ氏の訃報を1月5日に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。生前の偉大なご功績に、深い感謝の意と尊敬の念をもって、心よりご冥福をお祈りいたします。
IMG_8587.png

昨年のクリスマスコンサートの様子です。
冒頭ではラヴェルのボレロの主題によるファンファーレを大合奏しました。
IMG_0562.jpg

巣立った大学生たちとSプロジェクトサクソフォーン四重奏団としてクリスマス作品を演奏。
IMG_7064.jpg

独奏部門では、暗譜でダンスをしながら堂々と「ルパン三世」を披露した小学生。
IMG_6557.jpg

最後は「きよしこの夜」「歓喜のうた」を大合奏。
IMG_1787.jpg

恒例の集合写真。
IMG_8015.jpg


リサイタル7「輝」の様子です。

ピアニスト李早恵氏との共演が楽しみで、今回はサン・サーンス、フォーレのヴァイオリン作品を演奏しました。精神的にも支えてくれるありがたいピアニストです。
IMG_6448.jpg

エレクトロニクス作品においては、国立音楽大学作曲家の今井慎太郎先生をはじめ、音響会社(株)SCアライアンスの片桐氏、飯田さん、ゆいさん、ホールの大熊差氏、水田氏にはリハーサルから大変お世話になりサポート下さり、ありがとうございました。練習不足が心残りです。またライブ作品やりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
recital7.jpg

今年はクリスマスイヴ12月24日にリサイタル8「聖」とクリスマスコンサートを開催予定です。ディナーには間に合わせるようにいたします。

1月愛媛県松山市「萬翠荘」にて岩井由美子水彩画展にて演奏させていただいきました。気持ちの良い空間で素晴らしい作品に囲まれ心地よく演奏させていただきました。ありがとうございました。
IMG_1331.jpg

4月帰国後毎年参加している行事があります。四国こんぴら歌舞伎大芝居のお茶子です。今回は海外からの観光客が多く英語をよく耳にしました。和の文化、伝統の貴重さを海外の方々より知り、大切にしていきたいなと思いました。
IMG_3096.jpg
ひと仕事を終え、こんぴーくん(左端)と記念写真。
IMG_3657.jpg


パリからの便り公演でおなじみのミーハ・ロギーナ氏と李早恵氏による杮落しコンサート&パーティーのため大阪へ。
できたてほやほやのホールが素晴らしく、建築家による解説に「凄い!」の連発でした。8月に演奏させていただくので鬼のように練習します。
パリ音楽院時代をともにした音楽家、李さんの先生たちと。
IMG_7936.jpg


5月第8回緑化コンサートin公渕森林公園の様子です。
IMG_0819.jpg

朝ヨガにおいては、MICHIRU先生に毎年ご来園いただき、気持ちのいい森林ヨガを開催。
IMG_8532.jpg
IMG_8537.jpg

緑化活動?
IMG_8542.jpg

いざコンサートへ。
IMG_8560.jpg
IMG_8556.jpg
IMG_8554.jpg
IMG_8546.jpg

無事強風、暴風、突風の中、帰って来てくれた大学生のありがたい素晴らしい進行のおかげで無事終演しました。
お客さんも大変だったと思いますが、懲りずにまた聴きに来てくださるとありがたいです。
IMG_1737.jpg

次回のコンサートの案内です。
ライオンズクラブ、高松三越サロンコンサート、お祭りなどいろいろなイベントに出演中。

8月は同級生三人によるトリオコンサート。
8月21日(日)大阪公演
IMG_9728.jpg
8月24日(水)サンポート高松第一小ホール19時~香川公演
IMG_4735.jpg
*ミーハ・ロギーナ氏によるマスタークラスも高松にて開催予定。


9月30日(金)19時~サンポート第一小ホールにて、門下生とサクソフォーン四重奏団を結成し開催。自分も中学2年生で全国大会へ出場し、指導者となり、香川から2つのサクソフォーン四重奏団を全国大会に導きました。アンサンブルコンテストに向けアドバイスになるコンサートをしたいと思います。
ソプラノ白井奈緒美、アルト寺井優花(京都市芸術大学2年)、テナー西原亜子(東京藝術大学4年)、バリトン香川将(フランス、セルジー音楽院7月卒予定)
12月20日(火)レクザム小ホール(香川県県民小ホール) クリスマスコンサート5
12月24日(土)レクザム小ホール(香川県県民小ホール) 白井奈緒美サクソフォーンリサイタル8「聖」

三木町の「KIT*MIKI」というサイトに掲載されています。よろしかったらご一読ください。撮影は母校の三木中学校で行われました。ここで楽器に出会い、行くと原点に返ります。また遊びに行きます!
IMG_9583.jpg
kit-miki-kagawa.com

バンドジャーナル6月号 パリ音楽院時代、一緒に共演もさせていただいた大先輩Vincent David氏の記事と高松一高の同級生のクラリネット奏者の林裕子氏のインタビューが載っています。
IMG_3959.jpg


今回半年分とまたまた長いブログとなりましたが最後までお読み下さりありがとうございました。

白井奈緒美主宰Sプロジェクトとは?
2010年に立ち上げた、SプロジェクトのSにはたくさんの意味が込められています。
Saxophone Sound Space Super Students Sun Smileなど
皆さまと共に、このSを楽しみ、心に残る演奏会企画や指導を行います。
Sプロジェクトシンボルマークを2010年にアーティスト千田豊実氏に作成していただきました。
2012-05-01+001_convert_20160512155645.jpg

  1. 2016/05/12(木) 16:35:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Dans la nature | ホーム | リサイタルまであと一週間。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sproject2011.blog98.fc2.com/tb.php/155-0c1647b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Sプロジェクト

Author:Sプロジェクト
白井奈緒美 / Naomi Shirai
香川県生まれ。三木町立三木中学校、高松第一高等学校音楽科、くらしき作陽大学音楽学部音楽学科、パリ国立高等音楽院一等賞卒業。(公財)よんでん文化振興財団奨学生。同音楽院在学中フランスをはじめ、オランダ、スロベニア、中国など世界各国にてコンサートに出演。第四回アドルフ・サックス国際コンクールセミファイナリスト。卒業時にメイヤー賞受賞。パリ・ローレア国立管弦楽団サクソフォーンソリストを務め2008年帰国。ドイツにてK・シュトックハウゼンコンサートに2008、2009、2010、2013年と出演し全年演奏家賞受賞。以来、シュトックハウゼンのパイオニアとして、東京大学日本音楽学会主催コンサートにソロ出演、タイのバンコクで行われた第15回ワールドサクソフォーンコングレスで初演曲でソロ出演し好評を得る。2009年9月20日に帰国初リサイタルを開催し香川県を拠点に活動開始。2010年香川県文化芸術新人賞受賞。2010年より同級生ミーハ・ロギーナsax、李早恵pianoとトリオコンサート「パリからの便りin香川」ツアー開催。瀬戸内国際芸術祭初回にアーティスト千田豊実とエレクトロミュージックとライブペインティングにて参加し好評を得る。2010年10月10日「Sプロジェクト」設立記念リサイタルを開催。2009、2010年鳥取サクソフォーンクラブに講師、ゲストとして、招かれる。2011年東京混声合唱団ソプラノ太田真紀、ピアノ新垣隆、作曲家酒井健治らと「うた」コンサート高松公演がサントリー芸術財団推薦コンサートに四国初選ばれると同時に大阪、東京公演も好評を得る。2012、2013、2014、2015年日本クラッシック音楽協会より優秀指導者賞受賞。2013年第10回現代音楽演奏コンクール入選。
これまでサクソフォーンを横田糸子、故古庄孝行、冨岡和男、長瀬敏和、大城正司、クロード・ドゥラングル、ジャン・イヴ・フルモー、ジャン・イヴ・シュバリエ、エルワン・ファゴン、フィリップ・ブラッキャー、クリストフ・ボア、アルノー・ボーンカンプ、マルコス・ヴァイスの各氏に師事。室内楽をオーボエ奏者ダヴィット・ワルター、フルート奏者ミッシェル・モラゲス、ホルン奏者ジェンツ・マックマナマの各氏に師事。現在、Sプロジェクト主宰。瀬戸フィルハーモニー交響楽団サクソフォーン奏者。日本サクソフォーン協会会員。日仏現代音楽協会会員。公立学校音楽時間講師。
四国新聞記事:http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/20100501000088

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (148)

プロフィール

Sプロジェクト

Author:Sプロジェクト
白井奈緒美 / Naomi Shirai
香川県生まれ。三木町立三木中学校、高松第一高等学校音楽科、くらしき作陽大学音楽学部音楽学科、パリ国立高等音楽院一等賞卒業。(公財)よんでん文化振興財団奨学生。同音楽院在学中フランスをはじめ、オランダ、スロベニア、中国など世界各国にてコンサートに出演。第四回アドルフ・サックス国際コンクールセミファイナリスト。卒業時にメイヤー賞受賞。パリ・ローレア国立管弦楽団サクソフォーンソリストを務め2008年帰国。ドイツにてK・シュトックハウゼンコンサートに2008、2009、2010、2013年と出演し全年演奏家賞受賞。以来、シュトックハウゼンのパイオニアとして、東京大学日本音楽学会主催コンサートにソロ出演、タイのバンコクで行われた第15回ワールドサクソフォーンコングレスで初演曲でソロ出演し好評を得る。2009年9月20日に帰国初リサイタルを開催し香川県を拠点に活動開始。2010年香川県文化芸術新人賞受賞。2010年より同級生ミーハ・ロギーナsax、李早恵pianoとトリオコンサート「パリからの便りin香川」ツアー開催。瀬戸内国際芸術祭初回にアーティスト千田豊実とエレクトロミュージックとライブペインティングにて参加し好評を得る。2010年10月10日「Sプロジェクト」設立記念リサイタルを開催。2009、2010年鳥取サクソフォーンクラブに講師、ゲストとして、招かれる。2011年東京混声合唱団ソプラノ太田真紀、ピアノ新垣隆、作曲家酒井健治らと「うた」コンサート高松公演がサントリー芸術財団推薦コンサートに四国初選ばれると同時に大阪、東京公演も好評を得る。2012、2013、2014、2015年日本クラッシック音楽協会より優秀指導者賞受賞。2013年第10回現代音楽演奏コンクール入選。
これまでサクソフォーンを横田糸子、故古庄孝行、冨岡和男、長瀬敏和、大城正司、クロード・ドゥラングル、ジャン・イヴ・フルモー、ジャン・イヴ・シュバリエ、エルワン・ファゴン、フィリップ・ブラッキャー、クリストフ・ボア、アルノー・ボーンカンプ、マルコス・ヴァイスの各氏に師事。室内楽をオーボエ奏者ダヴィット・ワルター、フルート奏者ミッシェル・モラゲス、ホルン奏者ジェンツ・マックマナマの各氏に師事。現在、Sプロジェクト主宰。瀬戸フィルハーモニー交響楽団サクソフォーン奏者。日本サクソフォーン協会会員。日仏現代音楽協会会員。公立学校音楽時間講師。
四国新聞記事:http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/culture/20100501000088

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR